力の強い女ト・ボンスン 結末はハッピーエンドで最後まで笑えます

力の強い女ト・ボンスンは、ト・ボンスンが先祖代々女性だけが受け継ぐ怪力の持ち主ですが、怪力を隠しながら普通の女の子として生きています。
ある日人助けをした事から怪力が知れてしまいヤクザを敵に回してしまいますが、小柄のボンスンに力がある事を周りの人は信じる事はなく何とかその場をのがれることができます。
その時ボンスンの力を知ってしまったミンヒョクは、数日前から何者かに脅迫をされていた為ボンスンをボディガートとし雇い二人で解決しようと試みます。
そんな時にボンスンの住んでいる所で事件が起こり、ボンスンが犯人を目撃した事で幼馴染で刑事をしているグクドゥが警護担当になりボンスンは力のある事を隠すのに必死になります。

ボンスンの双子の弟は優秀で母親の自慢の息子ですが、ボンスンは中々就職も決まらず母親からはあまり大事にされる事はなく父親だけがボンスンの見方をしてくれます。
双子で一緒に育っているのに母親が差をつけてしまうのは、同じ母親として可愛そうに思える場面が多くもっと娘の気持ちをわかってあげればと思ってしまいます。
それに比べ父親のボンスンに対する愛情は見ていて微笑ましく、怪力のボンスンが素直に優しく育ったのは父親のおかげだと感じます。
人助けをした事でヤクザに目をつけられてしまいますが、ヤクザにひるむことはなく立ち向かっていくボンスンはあの小柄な体からは想像できず笑えます。
ミンヒョクのボディガードをする事になり、二人の会話や行動には笑えるシーンが多く脅迫犯の正体をつきとめますが、意外な人物に二人は悲しむ事になります。
事件の目撃者になった事からボンスンは怖い経験を色々してしまいますが、持ち前の明るさで乗り越えて行きます。
事件の犯人は次々と女性を誘拐し監禁しながら女性の様子を見て喜ぶような男で、見ていて腹が立ちゾットするシーンも多くあります。
日本でも色々な凶悪な犯罪が増えていますが、普通の人からは考えらない事をし自分の考えをおかしいとは思わない事が不思議でゾットします。
ボンスンの友達も事件に巻き込まれてしまい、ボンスンは必至で友達を助けようと奮闘し事件を解決しますが中々犯人は捕まらず不安は続きます。
結局犯人は捕まり無期懲役となり一度は力をなくしたボンスンでしたが、また力を得る事が出来ミンヒョクとハッピーエンドとなり新たな人助けがはじまります。
男の子を望んだボンスンの母親でしたが、期待ははずれ女の子の双子が産まれたのには最後まで笑えます。

ジャンルは変わりますが今度放映の秘密の扉というドラマが気になっています。