宮Love in Palace あらすじ 二人に本当の幸せは訪れるのか?

韓国に宮廷が残っていたら…。そこから始まるまだ若い高校生二人の恋愛物語。
普通の高校生活を送っていたチェギョン(ユン・ウネ)は父の借金によりデザイナーになる夢を諦めかけていた頃、祖父が皇帝と約束したと言う皇太子との婚約話が降って湧いた。
そしてその頃、同じ高校に通う噂の皇太子シン(チュ・ジフン)は密かに付き合っていたヒョリン(ソン・ジヒョ)にプロポーズをするも夢があるから、と振られてしまう。
そんな二人に舞い降りた婚約話。
チェギョンは家族のために結婚を決意するが、シンはよく思わず冷たい態度をとる。
しかし、一緒に過ごしていくうちにシンの本当の苦悩を知りチェギョンは心が揺れ動く。
そんな中、王位継承2位のシンのいとこユル(キム・ジョンフン)が現れたり、元恋人のヒョリンがシンにちょっかいをかけたり、なかなか落ち着かない二人に本当の試練がやってくる。二人に本当の幸せは訪れるのか。

とにかく可愛らしい、愛らしい、環境はすごく特殊だけど高校生らしいラブストーリー、そんなドラマでした。
急展開な恋愛の進行じゃなかったのも高校生らしいなって思いました。
二人きりでインスタントラーメン食べる姿が非常に愛らしかったのと、背を向けて二人で一つに寝るシーンも爽やかで可愛らしかったです。
チェギョンは一番振り回された感は否めませんが、普通の高校生は家族から離れて父の借金のため、祖父と皇太子の約束のために訳の分からない宮廷に送り込まれ儀式を覚え、しきたりを覚え、私が高校生なら絶対に無理だと思います。それでも後半はシンのために奔走するチェギョンはけなげで可愛かったですね。
宮廷内もいろいろ王位継承問題、親の恋愛問題などがあり、シンも自分の夢を諦めなくちゃいけない状況、チェギョンが気になり始めた頃にはいとこのユルがチェギョンに接近中で心乱される日々。
なかなか素直になれない二人に本当の愛を語る日がやってくるなんて、と思ったのが最終話間近。
それなのにチェギョンに最後の試練が。宮廷を救うにはチェギョンの犠牲と言うこと。
このシーンは涙涙です。
ユルも悪い奴ではなく、本当にいいやつなのですが、チェギョンのためにやっていること、すべてが裏目に出ていたので、あの宮廷でチェギョンは心のよりどころではあったかもしれないけど、やっぱり見ている方はその辺で止めていただきたい、と思ったのは否めません。
最後はとっても気になる終わり方でしたが、とても気持ちの良い可愛らしいやりとりのある最終話でした。
宮が好きな方はトンイも是非!

韓国ドラマ「復活」あらすじ ハウンとウナの二人のシーンが幸せだったころに戻してあげたい

事故で身寄りがなくなり、記憶を失ったソ・ハウン(オム・テウン)はある男に救われ、その娘ソ・ウナ(ハン・ジミン)と貧しいながらも幸せな生活を送っていた。
ウナはハウンを兄としてではなく、一人の男として見ていると言うが、心ではウナを愛していても世話になったおじさんに申し訳ないと思い、その思いを一度は封印する。
そして警察となったハウンは自分が受け持った事件に謎を持ち、事件を解明しようとする。
その事件を解明していくうちにフラッシュバックのようによみがえる自分の記憶。
そして忍び寄る魔の手。ハウンの身代わりに殺された双子の弟。
殺されるはずだった自分の身代わりに弟が死に、その弟になり替わることを決意する。ここからハウンの復讐劇が始まる。

今まで見た恋愛+病気ものとは違い、とても重苦しい復讐劇でした。
野暮ったい警察役から、スーツでびしっと決めた御曹司のオム・テウンが格好良いです。
一度はウナの想いを断ち切ろうとしたシーンは切なかったです。
でも結局は二人を気持ちを通わせるんだけど、結局は事件に巻き込まれたハウンはお世話になったおじさん宅を離れて復習に燃えます。
結局、弟になり替わった職場にウナが働くことになるんでですが、ウナもこれはシンヒョク(弟の方)なのかハウンなのか、そんな考えが交差し始めます。最終的にはバレるんですが。
根本的なところは変わらないですよね。
ただ、このドラマを見て思ったのは復習をして誰が幸せになったのか。
誰も幸せにならなかったと思いました。
そして出てくる二世たちが意外とまとも、と言うのも見てる方は復習と言う言葉を考えさせられるなと。私利私欲にまみれた大人たちに育てられた子どもたちがどうしてこうもまともに育つのか。結局復習は私利私欲にまみれた大人たちだけじゃなく、その二世たちにも不幸が降りかかるわけですよね。
ハウンの手引きでシンヒョクの婚約者であるガンジュがこの事件の真相を暴こうとしている姿もドキドキします。結局は自分の父親の過去を暴くことになるんですから。この人は一番不幸な道を辿ったのは間違いないかな、と思います。
平和な世界を目指していたハウンはこの復習を遂げて何を思うのでしょうか。
正義感の強いハウンをここまで怪我したのですから、それ相応の対価は必要だったということでしょうか。私の中ではガンジュの父親がそこまで悪く見えなくて、だから最後はああだったのかな、一番切ない気持ちで最後を見届けました。
ハウンはウナの前に再び姿を現すことがあるのだろうか。ハウンとウナの二人のシーンが幸せだったころに戻してあげたいと最終話を見て強く思いました。
漆黒の四重奏に似ている気がしました。

棚ぼたのあなた あらすじ 笑って泣けて、家族って良いもの

韓国ドラマは、日本のドラマよりもホームドラマが多いような気がします。
私がお勧めしたい韓国のホームドラマは、「棚ぼたのあなた」です。
物語りは、嫁姑問題や親戚付き合いが嫌いなユニが、外科医のテリーと結婚した事から始まります。優しいテリーとの結婚は、ユニにとって幸せでした。新居として選んだのはパン屋さんの二階で、大家の奥さんとはあまり気が合いませんでしたが、ユニはテリーと楽しく新居での生活をスタートさせます。
テリーには、ある目的がありました。幼い頃に保護施設で育ち里親の元に出されたテリーは、本当の両親にどうしても会いたかったのです。そして、大家の夫婦も30年前にいなくなった息子・グィナムを探していました。偶然の出会いで、互いに親子だと分かったテリーと大家さん夫婦。そしてユニは、あれほど嫌っていた嫁姑付き合いをするはめになるのでした。

考えの古い姑と、今時の嫁は合わない。という象徴なのかもしれません。料理の仕方から、言葉使いから、何もかもが違うという現実的な問題と、そもそもなぜグィナムが家族の元から離れたのかというサスペンス的な要素もあって、ほのぼのとした中にも、スリリングな気持ちになりました。結局、親戚であるヤンシルが、自分に起きた哀しい出来事に心を奪われ、グィナムをバスの中に置いてきてしまったというのが真相でした。彼女もまた辛かったんだと思います。このドラマには本当の悪役はいません。いませんが、些細な言動で誰かを傷付けたり、自分が傷ついたりします。それでも、テリーの母親はヤンシルを許せないとしながらも、連絡をよこしなさい。と、彼女をどこかで許すのです。その時のヤンシルの涙が忘れられません。
子供は作らないと言っていたユニは、妊娠して初めての母性に戸惑いながらも、母親になる準備をします。ですが、哀しい事に赤ちゃんは流産してしまいました。
その頃から、姑との関係は少しづつ変わってきました。そして、ユニとテリーは1人の男の子を養子にします。ジファンというその男の子を養子にした事で、それぞれが変わっていきます。
テリーは自分とジファンをどこかで重ね愛を注ぎ、ユニも厳しいながらもジファンを心から愛します。大切なのは血の繋がりだけではないのだと、押し付けないように伝えてくれるのが、このドラマの良い所です。
嫁と姑も、血の繋がりはありませんが親子なのです。親子なら、時々ケンカをしながらも仲良くやっていけるのではないかと、これから結婚を考えている。もしくは、舅や姑と同居しようと考えている人には、とてもお勧めのドラマです。
笑って泣けて、家族って良いものだな。と、誰もが感じてくれると思います。
今は黄金のポケットをずっと見ています!

コーヒープリンス1号店 あらすじ 今までの韓国ドラマにはいなかったイケメン「ソンギ」

私が好きな韓国ドラマに、「コーヒープリンス1号店」があります。
ストーリーは、ある日御曹司と偶然出会ったウンチャンが、男の子に勘違いされてイケメンばかりが働いている「コーヒープリンス1号店」で働く事になるという物です。
亡くなった父親の代わりに、母と妹のウンセを守りながら何個もバイトを掛け持ちしているウンチャンは、女だとバレないように働きます。しかし、ウンチャンに声を掛けた御曹司のハンギョルは次第に、ウンチャンへの恋心を自覚していきます。「男に恋をするなんて」とショックを受けながらも、ハンギョルはウンチャンへの気持ちが抑えられません。でも、とうとうウンチャンが本当は女だ分かったハンギョルは、ウンチャンが自分に嘘をついたと、彼女を店から追い出してしまうのです。それでも、やっぱりハンギョルはウンチャンが忘れられず、2人の気持ちは通じるのでした。

とにかくウンチャンが可愛いです。確かに、気も強いし、テコンドーは強いしで「可愛い女の子」というよりは、「男の子みたい」という感じでした。そして、ウンチャンを完全に男だと信じているハンギョルが、自分の気持ちに動揺している所が何とも可愛かったです。何度も何度も葛藤を繰り返して、それでも好きだと思ったら実は女の子だった。なんて、確かにあの時の苦労は何だったんだ?と思っちゃいますよね。本当は嬉しい事のはずなのに、ウンチャンを店から追い出し、それでも気になってさりげなく会いにくる姿が、とても可愛かったです。
そして、バリスタになりたいというウンチャンの留学を手助けするハンギョル。そして、そんな彼の気持ちに応えるウンチャンが、何とも初々しかったです。せっかく初めての夜を共にした翌朝、ハンギョルが裏返しのズボンがなかなか履けずに転んでしまうシーンは、何だかとてもハンギョルらしくて笑ってしまいました。
でも、実は私がこのドラマの中で1番気になるのはソンギなんです。今までの韓国ドラマにはいなかったイケメンで、とっても無口なのに優しいんです。それに、時々ボソッと日本語で言うシーンも好きです。留学するウンチャンへの別れの時も、とてもあっさりしていて、「頑張れ」と日本語で言って握手をするシーンが、たまらなく大好きなんです。主役ではなくて、脇役にこんなに夢中になった事はありませんでした。ただ、無口なだけに出番があっても殆ど発言がなかったのが、少し残念です。もう少し、ソンギに活躍して欲しかった。
最近は注目している俳優はキム・ジハンです!
彼が活躍している黄金のポケットも好きです。

推理の女王 あらすじ 犯人の心理を考えさせられる場面が多い

専業主婦のソロクは、警察官を目指していますが夢がかなわずにいます。
近所で起こった事件を解決した事から、派出所の所長に協力し推理を働かせていろいろな事件を解決していきます。
ちょっとした事件だと思っていたものが大きな事件で、刑事のワンスンと最悪の出会いになり事件の協力が出来なくなります。
事件が起きると血が騒ぐソロクは、ワンスンの目を盗みながら推理を働かせ解決の糸口を見つけ、ワンスンを驚かせ少しづつ力を合わせて事件を解決していきます。
ソロクとワンスンにはそれぞれに解決したい事件があり、他の事件を解決しながら自分の知りたい真実にも近づいていきます。
二人にとって真実を知る事が、前に進む事が出来る唯一の方法になります。

専業主婦のソロクが、派出所の所長と共に事件を解決していく場面は本当かと疑ってしまう時もありますが、おばさんでなければ出来ない推理は見ていて引き込まれて行きます。
ソロクには悲しい過去があり姑と夫に事件にかかわる事を禁じられていますが、友達を使って嘘をつきながらも推理をしていく所では、生き生きしていておばさんでも頑張れる姿を見せてくれます。
難事件をワンスンと解決していくシーンでは、ハラハラ、ドキドキするシーンが多くあり犯人の残虐さや冷酷さが映される場面ではドラマとは思えない迫力があります。
犯人の心理を推理する点では、今までに起こった事件を鮮明に覚えているソロクに驚きと情熱を感じ、おばさんでも甘く見てはいけない事を周りに示してくれます。
ワンスンは恵まれた家庭で育ったものの父の野望のせいで苦しめられ、刑事の仕事も自分の思う様に解決する事が出来ず格闘する日々が続きます。
ワンスンは父に捜査を邪魔されながらも、刑事仲間やソロク、派出所の所長と共に真実への糸口をつかもうと頑張る姿は、少々痛々しくもありますが励ましたくもなります。
ソロクの両親はある事件に巻き込まれ命を落とし、ソロクの姑が母親の友達でソロクを引き取り育ててくれた事がわかるシーンでは、嫌味な姑と思っていましたが温かい人だという事がわかります。
ソロクの夫は検事をしていますが、あまり評判が良くなくソロクに対しての愛情をあんまり感じる事が出来ず、ソロクは幸せなのかと思う場面が多くあります。
結局夫の裏切りを知り別れて暮らす事になり、自分の夢をかなえようと努力する姿は同じおばさんとして励まされるシーンです。
難事件を解決していくドラマですが、ソロク、ワンスンを取り巻く人間関係の温かさを感じる事が出来、犯人の心理を考えさせられる場面が多くあり楽しむ事が出来ます。
シーズン2のあらすじはこちら!推理の女王2

韓国ドラマ 女の香り あらすじ キュンキュンしたいなら!

旅行会社に勤めるヨンジェ(キム・ソナ)は交通事故にあい、病院で検査を受ける。そこの病院で医者になっていた同級生のウンソク(オム・ギジュン)に胆のうに腫瘍があるから精密検査をするよう勧められる。その矢先、職場で盗難疑惑をかけられたヨンジェは辞職を出し、もう死ぬのなら自分の好きなことをしようと、沖縄に旅行に出ることにする。そこの旅行先には偶然にも自分のいた会社の御曹司ジウク(イ・ドンウク)が訪れており、ヨンジェをガイドと勘違いしたジウクは、ヨンジェと一緒に沖縄を同行することになる。運命とも呼べる二人の出会い、そして職場でのヨンジェの盗難疑惑、ジウクの婚約者、ヨンジェの幼馴染、母親の恋、と色々交差する二人の少し先の未来とは。

これは始終暗い内容ではなく、キム・ソナのコメディタッチの演技、シリアスな演技の緩急が素晴らしかったと思います。
最初のダサい恰好からの何かを解き放ったような変貌には驚きました。この人、綺麗な人だったんだと。
またも病気ではあるけれど、しかも末期胆のうがんを患いながら、そしてそれを実母とジウクに隠しながら、距離に悩む姿はとても美しかったです。
ジウクも最初は何かを諦めたようなあまり表情がない青年だったのに、ヨンジェと接することでどんどん表情・態度が徐々に変わっていくのがまた良かったです。
そして、ヨンジェを好きになり、ヨンジェと恋人の関係になったときはまるで思春期の少年のようなジウクにはキュンキュンしました。
結局はヨンジェの病気を知ることとなり、二人には崖っぷちの未来が待っているわけですが、それでも最終的には何かを捨てでもヨンジェを選んだジウクはすごいなと。
ヨンジェが死ぬまでにやりたいことのメモを見つけて叶えてあげようと言う、ジウクの想いは多少は幼稚臭さを残しつつも純粋で、キム・ソナの涙も美しかったけれど、汚れのないジウクの涙も本当に美しかったと思います。
末期がんに盗難疑惑にそれのせいで預金通帳の凍結され、色んな不幸が降りかかるヨンジェが自分だったらと思うと生きる気力を失うと思います。
でもそれをバネに、彼女は後悔の無いように生きようと必死にもがく。そしてそれを必死に手助けするジウクと幼馴染のウンソク。
気がかりだった母と恩師の恋も良い方に終結を迎え、ヨンジェが温めてきた旅行プランの夢をかなえ、ジウクとも最終的には収まるところに収まり、最後は…本当に良かった。
その後はどれくらいジウクと一緒にいれるのかは予想でしかないけど、どんな最後を迎えようとも二人は悔いのない人生を送っただろうなと思わせる終わり方でした。

恋愛系なら恋のゴールドメダルがおすすめです!

チャンファホンリョン あらすじ 明るい人生が訪れる

私が好きな韓国ドラマは、「チャンファホンリョン」です。
冒頭からお嫁さんが認知症の姑をわざと捨てるというショッキングな内容でした。
そして、偶然にも姑を捨てたお嫁さんのかつての親友であるホンリョンが、姑を助けた事から運命が動き始めます。姑を捨てたのは、会社の社長と結婚したチャンファ。二人は高校時代はとても仲の良い友人でした。しかし、ホンリョンは交通事故を起こしてしまい明るい未来が閉ざされ、チャンファは会社社長と結婚し、悠々自適。ですが、本当は交通事故を起こしたのはチャンファで、酒に酔ったホンリョンは、罪を被せられただけだったんです。姑を保護した事で、ホンリョンは全ての謎を解いて行く事になり、そしてチャンファの夫であるテユンに強く惹かれて行くのでした。

このドラマの感想は、何といってもチャンファの悪女ぶりです。ホンリョンに罪は着せるわ、姑が認知症になったと分かると、さっさと車で捨てに行ってしまうわ。更に、優しくてお金持ちのテユンと結婚したのに、若くて格好良いホンリョンの義弟であるヒョクと不倫してるわと、やりたい放題です。早く彼女の悪事がバレれば良いと、ドラマを見ながらつい感情的になってしまうぐらい、チャンファは悪女なんです。綺麗なだけに、その悪女ぶりは本当にすごいです。
対するホンリョンは、本当に苦労の人です。貧しいながらも、一人で娘を育てながら、偶然出会った認知症の老女を保護し、面倒をみるなんてそうそう出来ません。テユンの好意で住む所と、仕事をもらい懸命に生きる彼女の姿は、本当に素敵でした。だから、テユンがチャンファに惹かれるのも分かります。でも、互いに好意を持ちながらも「好きです」と言えない二人のやり取りが、何だか切なかったです。大人同士の方が、何だか純愛に見える時もあるんだな。と、微笑ましく思えました。
このドラマにのめり込んでしまうのは、多分現実と重ね合わせているからかもしれません。認知症だったり、不倫やDVだったり、かなり現実的な題材が盛り込まれています。ついつい身近な話しに感じるんだと思います。
そして、チャンファの悪事は全て露呈し、テユンはチャンファと別れます。そして、ホンリョンと彼女の娘と新たな一歩を踏み出します。三人で手を繋ぎ歩いて行く姿が、とても素敵でした。様々な困難があっても、懸命に生きていれば、いつかは明るい人生が訪れる。このドラマを見ていると、何だかそんな気持ちになるのです。

サクセスストーリーなら輝けウンスもいいですよ。