主君の太陽 コミカルでどこかシリアスな内容でどっぷりはまりました

ラブコメに、ホラー&サスペンス 主役の二人がとってもお似合いで良かった。
幽霊が見える体質に悩まされて孤独に生きるゴンシル。
ある日、幽霊のおばあさんから「息子に通帳を届けてほしい」とたのまれちゃって大変。
彼女は、たのみごとを叶えるために出かけた帰り道に、大雨に降られ避けるために
強引に乗り込んだ車が、なんと大手ショッピングモールの
若手社長ジュンウォンの車だった。
その時、突然車の前に現れた幽霊を見てゴンシルはジュンウォンにしがみつく。
するとなぜか不思議なことにジュンウォンに触れたときだけ幽霊が見えなくなることに
気づいちゃって…それからゴンシルはジュンウォンにつきまとい始めてしまいます。
この出来事から二人の運命は大きくかわっていくことになる。
過去の悲しい事件を解明するために、ゴンシルの霊視能力を利用しようと思いつき
彼女を雇うことにしたジュンウォン。
「幽霊シェルター」ジュンウォンのそばにいたいゴンシルは大喜びする。警備チームのカン・ウに見守られつつ、自分の霊視能力を使ってさまざまなトラブルや事件を解決してゆくゴンシル。少し変わってはいるものの、まっすぐで懸命なゴンシルの姿にジュンウォンは心揺らぎ始める。といった始まりです。
ゴンシルは、幽霊のせいで今までまともな生活を送っていなかったので
目の下にはクマはあるし、髪型や服装にも気をつかっていなくて
初めはボロボロのヒロイン。
だが、さすがこんな姿でも動きや表情、仕草がとてもかわいらしく見えてしまいます。
ゴンシルは幽霊が怖いので、幽霊が現れるたびに
ジュンウォンにぎゅーっとしがみつく。その姿がとっても可愛くて…
ベタベタしても全くいやらしさもなくて可愛いの一言。
ゴンシルに幽霊が乗り移っちゃうときも可愛くて大好き。
ジュンウォンもそんな彼女のため手を握って寝てあげたりして大好きなシーン。
迷惑がるジュンウォンが「消えろ!」
「一回触るごとに10万、抱きついたら100万」とか言ってみたり。
それが何だか面白くて愛らしかった。
ジュンウォンは幽霊が見えるわけではないのにゴンシルの事を
本気で信じていて、電話を待っていたり、プレゼントをどうやって渡そうかと悩んだり。
いつの間にかゴンシルにぞっこん!
そんな中、警備チームのカン・ウはゴンシルに片思い…
クールで、かっこよくていつもゴンシルを見守っている。
ジュンウォンもカン・ウも最高でした。
なんだかんだ回り道をしつつも、最終的にすぐにハッピーエンド…とはならなかった。
最終回では1年後のハッピーエンドでした。
幽霊が見えなくなって普通の女性として生きようと…
どこかコミカルでどこかシリアスな内容でどっぷりはまりました。
七日の王妃も切ない感じで同じ位好きです!